らいくりーだむ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいくりーだむ

好きだけを集めて自由に生きるためのあれこれ

何が起きてもブレずに前に進むための1フレーズ

f:id:aratama109:20170401222751p:plain

どうも、がわです。

 

世の中って、ほんと何が起きるかわからないですよね。 

 

良いことが起きると、内側からわくわくする気持ちがあふれて本当にのん気になれます。すごく調子がいいです。空の青さに感動します。急に世界が平和に見えます。

 

逆に悪いことが起きると、目に映るものすべてが冷たく感じます。電源の入っていないテレビに切なさを覚えます。心臓がショルダーバックをかけられたみたいに重いです。

そうなると心が沈みます。前を向けなくなることだってあるでしょう。

 

今回は、そんな風に悪いことが起きてしまったときでも、シンプルに一歩踏み出すための1フレーズを共有しようと思います。

 

人は何かが起きたら一番最初に『理由』を考える

人って、何かが起きたらとにかく『理由』を知りたがりますよね。

 

「なんで成功したの?」

「なんで好きな人に振られたの?」

といった具合に。

 

そして『わからないままの状況』がきらいだから、なにかしら『理由』を考えます。

 

「感謝の気持ちを持っていたからだ」

「自分がだめだったんだろうな」

・・・などなど。

 

理由は、いつだって自分本位です。

正解不正解がないから、自分が納得するもの、もしくは自分がそうだと思ったものが『理由』になるんですよ。

 

良いことが起きたときはいいですよね。

なんでもポジティブに捉えられるので、『理由』が行動を邪魔しません。ぐんぐん前に進めます。パワーだってみなぎりますよね。

 

でも、悪いことが起きたときはどうでしょうか。

「きっとあれがダメだった」「こうしとけばよかった」と、浮かび上がる『理由』があなたの心を揺さぶります。

時にその『理由』はあなたを不安にさせることもあるでしょう。

 

何が起きても事実は変わりません。いくら理由を考えても、正解はわからないんです。

「こうだろう」と思うことを理由にして、納得するしかないんですよ。

 

導き出した『理由』が前に進もうとしているあなたを邪魔してしまうこともあります。

 

「私は○○だからダメ」

「会社が△△だから無理」

「あの人が××だから・・・」

 

でも、どんな理由がでてきても、あなたは大丈夫です。

私が今からお伝えする1フレーズを知っていれば、あなたはちゃんと前に進むことができるでしょう。

 

ブレずに前に進むための1フレーズ

良いことも悪いことも、どんなことが起きても前に進みたい。

どんな『理由』がでてきても一歩を踏み出せる1フレーズとは・・・

 

 

『じゃあ、どうする?』 です。

 

 

「ええ、それだけ?」 はい、これだけです。笑

理由はどうあれ、起きた事実は変わらないですよね。前に進むのに理由なんて関係ないんです。

あなたが前に進むのに必要なのは『次の行動は何か』を知ることだけなんですよ。

 

それを知るための1フレーズが『じゃあ、どうする?』なのです。

 

たとえば

「仕事でノルマを達成できなかった」という事実があったときに

「自分に向いてないんだ。」などと理由を考えるんじゃなく、

 

『じゃあ、どうする?』とつぶやいてみるんです。

 

「どうせ自分はこうだから・・・」というような、前に進むのを邪魔する『理由』が浮かんできたとしても、とにかく『じゃあ、どうする?』と自分に問いかけてください。

 

すると

「やり方を変える?」

「達成できてる人の真似をする?」

「そもそも仕事を変える?」

って何かしら浮かんできますよね?

 

このように『じゃあ、どうする』で、次の行動を考えることが大切なのです。

 

「どうしたらいいのかなんてわからないよ!」と、思うかもしれません。

大丈夫です。答えはすぐに見つけなくてもいいんです。

 

自分に問いかけるときは、隣にいる友達が「ひまだなー」と言ったときに『じゃあ、どうしよっかー?』ぐらいの軽い感じでいいんですよ。

実際する・しないは置いといて『あ、○○行ってみる?』といった具合に、とにかく候補を上げてみようというスタンスで考えましょう。

(『どうするどうするどうする!?』って、自分を問い詰めなくて大丈夫ですからね!)

 

 『理由』を考えている間は、完全に立ち止まっている状態です。

なぜならただの過去分析に過ぎないからです。

 

『じゃあ、どうする?』と自分自身に次の行動を質問するのは、未来を選択しています。その時点であなたはすでに、前に進んでると言えるのではないでしょうか。

 

シンプルに一歩踏み出そう

世の中って、何が起きるかわからないですよね。起きた事実に一喜一憂させられることは日常茶飯事です。

 

そして人は、事実の『理由』を知りたがります。

事実になにかしら『理由』をつけることで、自分を納得させようとするのです。

しかし自分でそうだと決めたにも関わらず、その『理由』はあなたの行動を邪魔することだってあります。

 

前に進みたいのに『理由』のせいで進めない、そんな時の1フレーズが『じゃあ、どうする?』でした。

 

起きた事実も変わらないし、『理由』に正解不正解がないのなら、あなたが考えるべきは次の行動だけなのです。

未来を選択するためにただ、自分に問いかけるだけでいいんです。

 

「なんでこうなった?」だと『理由探し』になるだけですよ。

頭の中を過去分析でいっぱいにしたところで何も変わりません。

『どうする?』と、次の行動に結びつけられる質問の仕方が大切なのです。

 

ちなみにこれは、良いことが起きたときも同じです。

「いえーい!」と喜んだあとに『じゃあ、どうする?』と次の行動を考えましょう。

そうすることで、あなたはもっと生きやすい瞬間を作ることができるはずです。

 

結局、何が起きても大丈夫なんですよ。

焦る必要も不安になる必要もありません。必死にならなくていいんです。

何か起きたときに、ただ『じゃあ、どうする?』とつぶやいてみてください。

それだけであなたは、より良い現状にするために、前に進んでいるのと同然なのですから。