らいくりーだむ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいくりーだむ

好きだけを集めて自由に生きるためのあれこれ

怠慢な自分を思い通りに行動させる『デメリット』の使い方

f:id:aratama109:20170328230906p:plain

どうも、がわです。

 

『やらなきゃいけないことがあるのにやる気になれない』

『毎日続けていきたいのにだらけてしまう・・・。』

怠慢モードに入った自分は、無理やり動かそうとしてもお尻が床にひっついて動きません。(私はベッドから出れません)

いつまで言い訳してんの?継続力に飽き性は関係ない話で新しいことを習慣化しようとしても、身につくまではうっかり忘れちゃうこともあるでしょう。

 

今回はそんなときに効果的な、意識せずとも思わず自分を行動させる『デメリットの使い方』をお伝えします。

 

デメリットが自分を行動させる理由

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンをご存知でしょうか?

彼が提唱したプロスペクト理論をざっくり説明すると、

『人間は利益よりも損失に敏感!』

ということが言われています。

 

たとえば、あなたは宝くじで500万円当たったとします。

500万円はもうあなたのものです。手の中の札束をみてにやにやしています。しかし、ここで緊急連絡が入りました。なんと後から他にも当選者が数名出てきたために、あなたは全額受け取ることができなくなったのです。

 

あなたなら、どちらを選択しますか?

 

①「85万円だけ受け取る」

②「415万円支払う」

 

ここでは、ほとんどの方がデメリット(損失)を避けて反射的に①番を選択されると思います。ですが言い方を変えただけで、どちらも『85万円受け取り415万円支払う』という事実は同じなんですよね。

 

また、別の例をあげてみます。

 

あなたはあるサイトで1500ポイント持っています。(知らない間に貯まっていたのでラッキー♪)ところがどっこい、1050ポイントは今月末期限なのでもうすぐ消えてしまいます。来月には450ポイントになってしまいます。

このポイント制度は、所持ポイントが1000以上なら、100ポイント単位で全部使うことができます。しかし1000以下なら貯まるまで使えません。

1500ポイントあれば、今なら3000円以上の商品を1500円引きで買うことができます。3000円の商品を選べば半額で手に入ります。

 

さてまたここで質問です。

あなたならどちらを選択しますか?

 

①今すぐ1500ポイントを使用して3000円の商品を半額で手に入れる

②何も手に入らず1050ポイントとポイントの使用機会を損失する

 

今回もデメリットを考えると①番を選んだと思うのですが、どうでしょうか?

 

ただこれも、言い方次第で印象がガラッとかわるんですよね。

こんな具合に・・・

 

①1500円支払って商品を買う

②1500円の損失を回避する

 

・・・どうです?改めてまして、どちらを選びますか?

(結局どっちがデメリットかわからなくなりますね笑)

あ、ちなみにこのポイントの話は(若干盛ってますが)私が最近直面した実話です。(私が選んだのは②番でした。)

『今月で1050ポイント消えます』「ええ、ちょ、待って!」なんて最初は焦ったのですが、事実出費になるのは①番だと気付いてページを閉じました。。(それでもなんか損した気分はあったりなかったりラジバンダリー)

 

このように、人は利益よりも損失に敏感なのです。

実はメリットを提示されるよりも失われる未来を想像させることができれば、自分だけでなく、あらゆる人も思い通りにできるんですよね・・・!(悪用厳禁んん)

※この記事では自分自身を行動させることにフォーカスしているので他人を操りたいと思った人もまずは自分をどこまでコントロールできるか挑戦することを推奨します。

 

それでは、いよいよデメリットを活用してやる気の無い自分を行動させる方法をご紹介します。

 

デメリットで自分を脅せ!

自分を行動させるとはどういうことか?

トイレを例にして考えてみましょう。

 

あなたが自分に、『トイレの後は絶対石鹸で手を洗わせたい』とします。「えー、普通は洗うでしょ。」 はい、大抵の人は洗いますね。笑

でも実は『水だけでささっと洗う人』が全体の約60%を占めていて、石鹸を使用している人は半分以下です。もしあなたが水だけ派60%に入っているとしたら、しっかりデメリットを活用しましょう。笑

 

活用方法は簡単です。

まずはメリットとデメリット両方を考えます。そして、デメリットに関してできる限り絶対避けたい状況を提示してみましょう。

 

【石鹸で手を洗うメリットとデメリット】 

①「石鹸を使って手を洗うとしっかり除菌されるので清潔感が保たれる

②「排泄物の菌は、トイレットペーパーを30枚重ねても潜り抜けて手にべったり付着している

 

(・・・・)(ヒィィ)

 

 

どちらも真実ですが、②番を提示されると絶対に手を洗いたくなりますよね。笑

※参考サイト:【医師監修】大腸菌が指に?トイレ後の手洗いが必要なワケ | ヘルスケア大学

 

このように、何か行動させたければ衝撃的なデメリットをインプットすると効果絶大です。トイレの例だと『手を洗わなきゃ』から、むしろ『絶対洗いたい』に意識を変えることができました。(清潔志向主義に転身)

 

ちなみにそうして石鹸で手を洗うことを繰り返していると、やがてその行動は習慣になります。意識しなくても行動できるのでデメリットに頼る必要もありません。(むしろメリットに切り替えましょう。)

※関連記事(2回目)⇒いつまで言い訳してんの?継続力に飽き性は関係ない話

 

自分を行動させるポイントは、『~するべきだ』のように強制力にものをいわせるのではなく、デメリットを活用して『~しなきゃ!』『~しよう!』と発想を転換させ、自発的に行動したくなるように仕向けることです。

 

まとめ

『人は利益より損失に敏感』です。

同じ内容でも、デメリットが強烈であればあるほど人は回避したくなります。思わず行動したくなることをお伝えしました。

また怠慢な自分を行動させたければ、自分にとってのデメリットを知る必要があります。

デメリット=避けたいこと・やりたくないことなので、あなたの回避したい状態を知る方法はこちらの記事⇒やりたいことがわからないなら『やりたくないことリスト』を作ればいいを参考にしてみてください。

 

デメリットを避けるということは、自ずと自分がやりたいことをしている状態になります。

それはつまり、自分が思い描いている理想の未来への一歩に違いないのではないでしょうか。